Urban Side Paralyze

電車釣行&パックロッドで湾奥シーバスや管釣トラウトなどを釣っています。

20221002小潮 秋シーズン開幕!


あちら側で釣れるようになったということは、こちら側でも釣れるだろう、ということで。港湾部の魚の入り具合は大抵どこも同じというか、足並み揃えて出たり入ったりしてる印象がある。これから冬になったら一斉に消えてしまうだろう。

まずは水路から。時間的にまだ上げだが下げてる?ここはいつも上は下げてるが、下は流れの向きがよく分からない。まぁあまり気にしなくても大丈夫だが。下りで1匹バラした後、ボウズ逃れの1匹。

18.07

その後も程なくしてヒット。

18:15

この後もヒットしたが抜き上げでポロリ。オートリリース。

角の先、1匹バラした後同じ付近でまたコツコツと小さいアタリがあり、合わせるとエラ洗い。おっ、これはそれなりのサイズだ。昨日の魚よりも引く印象で、下へ下へ潜るのでクラッチを切って対応。レバーブレーキと同じ要領で。過度に指ドラグをやるとスプールが歪むからダメと取説には書いてあったが、これくらいなら大丈夫でしょう。そろそろ弱ったかな?と思ってもまだまだ頑張る。漸く弱ってきたところで浮かせてネットイン。やったぞ。


18:28
50センチくらい。このサイズでも最初のアタリは小さい。やはりこちら側も魚が戻ってきている模様。この1匹が釣れれば今日はもう割と満足だ。とはいえまだ時間はあるから追加したいところ。下手糞だがベイトはこの構図で撮りたかった。タックルはズームサファリ+アルファスエアーです。
久々に50センチクラスのシーバスと戦ったので腕が疲れて、これ以降暫く右手がプルプル震えるようになってしまった。

この後左の端までやったところで確か1匹バラした。折り返しは反応なかったが、最後の最後、梯子のところで回収時にヒット、びっくりした。そのまま抜き上げ。

18:42

角の先、満潮何時だっけ?と携帯見てたらヒット。やばい。慌てて合わせる。またさっきと同じ50センチクラスだ。1度目のエラ洗いは躱せたが2度目でフックオフ。くそー。これは獲りたかった…なぜ携帯見てる時に限って食うのか。テクトロしながら携帯見なきゃ良いのだけれど。

その後もまたヒット!さっきほどじゃないけどそれなりのサイズ。35~40センチくらいか。エラ洗いは躱したものの、その後潜ったところで何故かバレてしまった。今度はちゃんとフッキングできてたと思ったのに。口切れかもしれない。

その後もちびっ子がバイトしてきて、追加したりバラしたり。

18:49


19:08
これは対岸で。対岸はこれ以外ヒットすらなかった。魚がいる場所ある程度決まっている印象。

角を曲がって船着き場、橋の方へ。船着き場でヒットするがバラし。橋の手前、回収間際にちびっ子がヒット。そのまま抜き上げ…ようとしたらポロリ。またもやオートリリース。このパターン多いな。橋のところで投げてる釣り人がいた。その少し先から再開して、暫くやってたらヒット。


19:28

この先、橋をくぐった先ではほぼノーバイト。折り返しもバイトあったかな?という程度。対岸は時間がないのでパスした。

橋をくぐって戻っても全然バイトなかったが、1匹だけキャッチ。


20:01
抜き上げたらすぐフック外れた。

その後も…


20:09
この魚を抜き上げた時、何故かスナップ開いてた。危なっ!ダイワのかなり小さいスナップでやってたけど、やはり鉄腕とかに戻そうかな。


20:16
セイゴは写真全部適当です。即リリース。


20:34
ちょっとだけサイズアップ。


20:42

こんな感じでちびっ子シーバスが釣れ続くも、まともなサイズは追加できないままタイムアップで納竿でした。

ヒット数は不明ながら50センチが1匹、ちびっ子が11匹で何気につ抜け。キャッチできてるのは6,7割くらいな感じがする。今回もバラしがかなり多かった。ちびっ子は魚体が軽いので向こうの重さでフックが刺さっていかず、甘掛かりのまま寄せてきてしまうことになるからすぐ外れる。かといって強引にやると口切れしてバレるし、なかなか難しい。
が、ちびっ子はバレても別に良くて、まともなサイズを2本バラしてしまったのが悔やまれる。やはり港湾部に魚は戻ってきている。戻ってきている、というのは釣り人の側からの都合の良い表現で、魚の側からすれば特定の時期にだけ捕食のため接岸しているというだけの話だと思う。春になったらバチやハクを捕食するために接岸して、暑くなってきたらまた離れて、秋になったらまたイナッコ、イワシ、サッパなんかを捕食するために接岸して、寒くなったら産卵で沖へ。原則春と秋だけだが、例外的に夏でも冬でも港湾部に居残り続ける魚もいるという感じ。

今回アシストフックをSサイズに戻したが、何度かセイゴの口の中でエラに掛かってしまっていた。それでも元気に戻っていったし、以前エラがちょっと鰓蓋から露出してる50センチくらいのを釣ったことがあるので、エラを傷付けたからといって直ちに死に繋がるわけではないとは思うが。去年殺してしまってキープした45センチくらいのやつもエラを損傷したけれど、あれはもうリリースの時点で泳いでいけなかったし、泳いでいけるということはまだ大丈夫…だと信じたい。

アシストフックはPEで繋いでいて、長めにして余った部分はフックに巻き付ける、というやり方で運用していたが、これだとヒットした際も、下手するとバイトがあっただけでも絡んだりしてトラブルが多い。ぴったりな長さで作る必要がある。あるいはもっと別の方法を探すべきだろうか。ハリス止めとかで上手く作れないだろうか?
そういえばクロダイもヒットしていたとは思うが1匹もキャッチできなかった。あるいはアシストにバイトしてきてる、クロダイだと思ってた魚は全部セイゴだったのか?でも引きが明らかにクロダイっぽい時もあるんだよな。

アルファスエアーはピットブルG5にしたらフワ投げでも飛距離が伸びるようになったし、バックラッシュも減ったし、バックラッシュしても修復が早くなった。ただシンキングPEとはいってもやはりPEなので横風には弱く、吹かれて岸際に擦れてしまう。吹かれに関しては普通のPEよりは多少マシかな?程度でフロロほどではない印象。とはいえフロロは扱いづらいのでもう戻せないな。何だかんだ、釣り糸はPEが汎ゆる面で優れている。フロロ直結でやりたいがスピニングだと糸よれが酷過ぎるから、というのがベイト導入のきっかけだったが、結局PEを使う羽目になっているので無意味だったかも。まぁベイト楽しいから良いけど。そしてどうせPE使うのなら最初から月下美人買っておけば良かったのかも。

ネットを見てると大した魚釣らないくせに道具ばっかり買ってるような人が多い印象で、馬鹿じゃないのかと思っていたけれど、色々買うと新鮮な気分で釣りできるから楽しいのだなと思った。使いこなせなきゃ話にならないけど、使ってみないと分からないというのもある。ネットでスペック見たりレビュー見ても良く分からない。釣具屋で現物見て触ってみても正直良く分からない。実際に釣り場で使ってみないことには。

20221001中潮 秋シーズン開幕?


まずは釣具屋でちょっと買い物。そのまま近くの運河へ。今日は土曜だから散歩の人もランニングの人も犬の散歩の人も、とにかく人が多い。釣り人もいつもよりはいる感じ。それらのせいでプレッシャーがかかっているせいか、キビレっぽいバイトが2回あったのみでノーフィッシュ。他人のせいというか、このタイミングでこの場所を選んでしまった自分の選択ミスだ。レンタサイクルでいつもの運河へ移動。

そういえば今日の竿は昼間に買ったズームサファリ765L。思ってたより柔らかかったが、まぁ良いでしょう。アクションもファーストというよりレギュラーファーストくらいだったが、何とかなるかな。昨日と同じあたりからスタート。西に向かう。程なくしてヒット。バレた。と思ったらまだ付いてた。


19:05
まずは1匹目。カメラがバグったのでiPhoneで。電池の挿し直しで戻った。

やはりゴミが多いなという印象ながら続けていたら、例の端の手前のエリアに入る直前くらいでコツコツとアタリ。小さいのかなと思ったらエラ洗い。ちょっとまともなサイズ!一気にテンションを掛ける。ドラグがチリチリ鳴る。エラ洗いしながらジャンプするのでまたテンションを掛ける。クラッチファイトよりはドラグを使う方が現実的な感じがした。なかなか弱らないが、さっさとネットインすべきだと判断してネットへ。仕舞寸法重視で安いタモの柄だったので不安もあったが何とかネットイン。久々にネット使った。


45センチくらい。ベイトで初めてまともなサイズ釣った。通りがかりのおばちゃんに話しかけられた。鱸ですよ。なんでも息子さんも釣りやるらしく、ニゴイ、ヒラメ、マゴチの写真を見せてくださった。旧江戸とかかな?

この後、例のポイントでは小さいの2バラしのみ。橋をくぐった先、最近何故か釣れないのだが気になったのでやってみる。すると中頃でコツコツと小さいアタリ。しかし乗らない。ちびっ子かな?と思ったらもう食ってた。しかもちびっ子じゃない!さっき1匹釣ったので今度は少し冷静にファイトできた。ジグヘッドはちゃんと掛かってさえいれば外れないが、皮一枚とかだと救いようがないので怖い。一か八かという感じで強気にやってみる。そんなに大きくないからか割とすぐ弱ったのでネットイン。


19:40
40センチくらい。でも十分。最近20センチもないような奴らばっかりだったから…。

リリースして続けるがここではこれ以上の反応はなし。折り返しでチビクロダイのバイトはあった。さらに戻って折り返しやっていくが只管ノーバイト。どうせ食わないからとローリングベイトでスピードを上げてやったけどゴミが絡みまくるだけなので角の所までは捨てる。角からまたサンドワームで。下りはノーヒット、上りでセイゴがヒット。


20:31
このサイズは無限に食ってくるが乗らなかったりバラしたりでなかなかキャッチできない。スピニングでも同じだからベイトのせいというわけでもないと思う。

端までやって、もう一度下りもやったがノーバイト。対岸の明暗付近でまたイナッコにボイルが出ている。対岸へ移動。橋周りもやったが不発、角の先もノーバイト。ここにいない理由が分からない。その先はスルーして、橋の手前からまた再開。橋の下に何かがいるのが見える。ボラ?いや、シーバスだ。クルクルバチにライズしてたりする。何とか食わせられないかとジェリーサーディンやハスキーなど投げてみるが全く興味を示さない。50センチくらいの見えシーバスがウヨウヨいるのにも驚いたが、2gのジェリーサーディンがキャストできた事にも驚いた。スレ切ってて全く反応しないのを見てるとルアーの無力さを思ってしまうが、ルアーフィッシングなんてこんなもんなのだろうな。餌には敵わない。この状況だと餌でも釣れるか微妙だが。

こちら側は岸際も反応ないのでスルーして水路へ向かう。左岸はゴミだらけ、右岸はゴミなくてやり易い、というのが最近の状況。ここではバラしのみ。チビセイゴも掛かったが、恐らくちょっとサイズのマシそうなクロダイも掛かった。がやはりすぐバレてしまった。チビクロダイ狙いならアシストはSサイズで良いのかも。勿論強度は捨てることになるが。

繋がってる先の運河、こちらはノーバイト。道路渡った先へ。こちらは期待できそう。案の定開始早々ヒット。しかしバラし。梯子の前で一旦回収しようとしたらヒット、そのまま抜き上げ。


22:18

この後もバイトはあったが追加はできず。折り返しはほぼ反応なし。次の運河へ。
流れの向きがよく分からない。ゴミは手前だけ明らかに北に向かって流れているような。表層だけなのか?上げならまだ分かるが、今日は下げなのに。解せない。酒飲みながら?釣りしてる人に話しかけられたが全く会話が噛み合わない感じだった。跳ねてるボラをシーバスと勘違いしてる模様。全然当たらないので一番北まで移動。投げ釣り禁止なのに置き竿で3本投げてる人がいた。もう時合い終わりなのに。解せない。しかしこれがハイシーズンというやつなのだ。下りでちょこちょこバイトも増え、たまにヒットするが小さくてバラし、を繰り返して…


23:05
なんとか最後にキャッチ。こんなのを無限にバラした日だった。納竿です。


ヒット数不明だが45、40のまともなサイズ2匹と、ちびっ子4匹キャッチ。クロダイは全部バラした。何がダメなのか。

とりあえず久々にまともなサイズを釣れてズームサファリにも入魂できたので今回は満足です。

20220930中潮 バラシ病?


いつもの運河から。雨の影響ももうないと思うけどどうかな?運河の東の方から西へ向かう。途中ゴミだらけでルアー引けない箇所もあった。水面はイナッコで騒がしい感じで生命感はあるけれど、雨の影響はまだまだ残っていそう。たまにチビクロダイっぽいのが掛かるがすぐバレる。フォールで食ってる時もあった。

何度かバラしながら橋の手前のエリアまできた。またチビクロダイをバラしたりなんてしてたら不意にまともなサイズのシーバスが掛かった!しかしエラ洗い1発でバラしてしまった…。今日も不慣れなベイトなのでフッキングが上手く決まらなかったか。ベイトなんかやめてスピニングでやってれば…しかし今日も小物釣りのつもりだったからライトタックルしか持ってきていないし、それならと強めのタックルで来るとちびっ子しか掛からなかったりするんだよな…。特にアルファスairは28mmスプールなので巻き取り量が少なく、巻き合わせが決まりづらい。ロッドもアウトバックライト665Lなのでかなり柔らかいし…。ベイトフィネス用のパックロッドは少なくて、あったとしても「ティップは柔らかいから軽いルアーも投げられないこともないけど、バットは強いからデカいの掛かっても寄せられる、つまりなんでもできるよ!」みたいなロッドばかりで、そんなのいらねーよ!バーサタイル性なんか求めてないよ!と思ってたのだけれど…現実的にはそういうロッドの方が使い勝手が良いのかもしれない。

閑話休題。さっきの一匹は獲りたかった。50センチくらいはあったか。この後は反応もなく、橋をくぐった先はノーバイトだった。ここ、何故か全然釣れなくなってしまったな。なぜなのだろう?折り返しは殆ど反応がなくて、一回ルアー通すとスレてしまう模様。ある程度休ませてからでないと反応取れないかも。ずっと戻りながらやっていくが、結果としてはこの先も角のところまでノーバイト。このあたりも何故か釣れなくなったな。角を曲がった先では何か小さいのがヒットしたがバラし。折り返しやってみたらまたヒット。これはセイゴだった。


20:44
漸くボウズ逃れの1匹。

その後も同じあたりでヒット。確かもう一往復したんだっけ?
20:52

対岸の明暗のあたりで単発ボイルが出た。橋の反対側、入れない所でも同時多発的にボイル。どうやらシーバスいる模様。しかしこれ、どうせ釣れないパターンだが。対岸、というか角の先もやってみたが今日は何故か不発。ここもなぜか最近釣れなくなってしまった。その先はどうせ釣れないのでスルーして、橋の手前くらいからやってみたが特に反応なし。チビクロダイのバイトはあったが乗らなかったというくらい。魚影薄い感じ。相変わらずいる所といない所がハッキリ分かれている。理由は分からない。水路へ移動。

水路はゴミだらけ。左岸では後半で1ヒットのみ。バラしたが。上りはゴミだらけなので不可能。右岸へ。右岸でもヒットはあったがバラし。全部チビセイゴかチビクロダイだが、あまりにも獲れなさすぎ。スピニングに戻そうかな…と思ってしまう。ベイトのメリット、使ってて楽しいという以外にない気がする。真冬になって完全にセイゴしか釣れなくなったら良いけど、今の時期はまだまともなの出る可能性あるからスピニングの方が良いだろう。それは分かってはいるが、敢えてベイトでやりたいというそんな気分。

水路の先の運河へ移動。しかしこちらではノーバイト。道路を渡ってその先へ。ゴミが酷い。がバイトはあり、魚はいるみたい。漸く追加。

22:15

その先でもバイトはあり、でもなかなか乗らないしバレるし。角のところでピックアップ寸前に掛かってそのまま抜き上げ。

22:26

またちびっ子。
アシストに掛かっていたが、外そうとしたらまたもやぐにゃぐにゃに曲がってしまった。強度なさすぎ。

角を曲がって橋の手前でヒット、と思ったらバレた。と思ったらまだ付いてた。

22:32
ちびっ子。アシストが掛かっている。

この後も折り返しでヒットするが抜き上げバラし。道路渡った反対、アタリはあるが乗らない。チビクロダイかな。水路の右岸上りは反応なし。納竿。

帰りに水路の橋の下あたり、浅いところを照らしてみたらなんかデカい魚がいた。クロダイか?シーバス?その先の橋の近くも照らしてみたらデカい魚がいた。これはクロダイにしてはデカすぎる。シーバスだと思われる。ちょっとだけ魚戻ってきたのかな?セイゴは反応薄くなった感あるが、単にスレただけとも考えられる。

もうちょっと先調子でフッキングが決まる感じの竿が欲しいなぁ…。
あとアシストフック、チヌばり0.5号で自作もしてみたけれど、まずスナップが開きづらくて通しづらくて使い物にならない。まぁそれは置いといて、チヌばりだと強度・刺さりの良さは問題あるないはずだが、やはり重過ぎるみたいで何故か掛からない。タックルバランス、難しいな。

最後にシンキングPE、G5。普通のPEよりは多少マシかなとは思ったけどやはり吹かれには弱い。何度か壁擦った。ただしPEにしてスプールの重量下がったせいかキャストはかなり扱いやすくなった。フワ投げでもストレスなく飛んでいく。ベイトフィネスはPE必須だと思った。バックラッシュも軽いのが1回だけ。フロロの方が明らかにバックラッシュしやすい。

20220925大潮 ちびっ子でも露骨にスレていく


酸欠でハゼが浮いているのだろうなと思っていたけれど、ハゼを釣っている人のツイートを見つけたので意外と大丈夫なのか?ということで前回、前々回の運河へ行ってみる。

到着すると釣りしてる家族。端の方でハゼ釣りあげてる人もいた。ボラは跳ねてるのでどうやら魚はいるみたい。ここは他がダメでも大丈夫なのか?もっとゴミだらけかとも思ったけれど前回と同じくらいだった。

開始早々セイゴ?が掛かるが抜き上げバラし。その後もキビレっぽいのが3匹掛かるが全てバレてしまった。ベイトだからだろうか。正直スピニングだったら何匹かは獲れていたと思うけれど、敢えてベイトでやるというのが大事なので…。相変わらずまともなキャストすらできなくてバックラッシュしまくりだが。

最近ここを叩きまくっているせいか露骨にスレが進行している感じがある。粘っても恐らく望みは薄そうなのでいつもの水路の様子を見に行ってみよう。ここが大丈夫なら意外とあちらも大丈夫だったりしないかな?と。
だが近づくにつれて水は濁ってゴミは増えていたので案の定という感じだが、生命感に乏しい感じだった。下水臭は多少マシになったような感じだったがボラさえもいない。ハゼが浮いていたりというのもなかったが、もう死んで全部流されただけかもしれない。時間の無駄なので納竿。結局最初の場所で4バラシのみで、ノーフィッシュでした。 

バラしまくったのは慣れないベイトのせいもあるけれど恐らくアシストフックのせいもあるのだろう。一昨日もそうだったが、ソルト用なのにも関わらずすぐ錆びるし、そもそもアジ・メバル用なので鉤が弱く、恐らく1匹掛けただけでも先端が鈍になっている。沢山作っておいて、頻繁に交換する必要がある。小さいのを掛ける方法としてはこれが正解に近いのだとは思う。鉤をもっと工夫すべきか。


ジグヘッド3gのピッチングは大分厳しいが、これはそもそも実用範囲の下限だと思うし、アルファスairはデフォルトでKTF監修のかなり切り詰めたチューニングのスプールになっているので変更するメリットはあまりないみたい(そもそも品切れで売ってないが)。それよりPEを巻いた方がスプールの重量を下げられるので効果的かも。フロロ直結でやりたかったのだけれど、そこは諦めるしかないのか?沈めたいのでシンキングPE、G5で様子を見てみよう。ロングリーダー?あるいはピッチング専用としてショートリーダーでやる?

ドラグクリッカーを追加するつもりだが、それによってドラグの滑らかさは失われる?試しに手持ちのバスXに付けてみたら、露骨にドラグ性能が落ちた感じが。

週末くらいにはいつもの運河界隈も回復しないだろうか。シーバスも戻ってると良いのだけれど。しかしまた台風が来ている…

20220923中潮 ちびっ子チニング


雨だが釣具屋に寄った後、2日連続で同じ場所へ。いつものあたりは恐らく下水で悪化していると思われる。時間があれば様子を見に行きたかったが、結局行けなかったので分からないが…まぁ少なくとも良くはなっていないだろう。

水面にはボラが見える。というかでっかいのがバッシャンバッシャン跳ねてる。相変わらず生命感に溢れている。

早速護岸際を攻めていくといきなりヒット、しかしバラし。セイゴだったな。

何度かバラして、西端までやってたら回収間際でヒット、そのまま抜き上げ。


18:35
チビセイゴでした。坊主逃れの1匹。

その後も当たったりバラしたりはしつつもなかなかキャッチできず。いろいろ移動しつつ投げていくがイマイチ。何気なく橋脚のあたりに投げて巻いていたらヒット。


19:13
キビレでした。またこんなサイズだけれど。その後も、


19:23


19:31


19:53

キビレやセイゴをキャッチ。なぜかクロダイではなくキビレばかりだ。

ここで今日届いたベイトフィネス機、アルファスairを試してみる。アマゾンアウトレットで新古品が安く手に入った。竿がトラギアC636MLしかないので微妙だが。そもそもベイトリールの扱いすら慣れていない初心者なのだけれど、試していたらヒット。


20:19
ちびっ子キビレで入魂です。これがベイトチニングやぞ!


20:34
その後もバラしたりしつつなんとかキャッチ。

この後は流石にスレてきたのか反応が悪くなってくる。それでもアタリはあったしヒットもあったがなぜか全部バラしてしまった。あと1匹追加して終わりたい、と思ったのだがなかなか追加できず、雨が強くなってきたので納竿。


結果はちびっ子シーバス2キャッチ、ちびっ子キビレ5キャッチ。

ベイトは楽しい。まだ全く使いこなせていないからバックラッシュしまくりだが、使っているだけで楽しい。ジグヘッド3g+ワーム1gで4gくらいだと思うのだけれど、ベイトフィネスとはいえピッチングだと糸が浮いてしまうしちょっと扱いづらいような気がした。そもそもベイトでのキャストがちゃんとできていないし、初めて使ったのでまだまだこれからだけれど、フロロ直結じゃなくてPEにしたりとか、場合によってはスプール変えたりとかする必要があるのかも。そして竿がショボいせいか掛かってもバラしてばかり。ナロースプールだから巻き取り量が少ないせいかもしれないが。竿は流石にもうちょっとまともなのを買おう。
4gで一応実用領域だとは思うが、アルファスairとはいえピッチングじゃこれくらいが限界なのかも。ピッチングじゃなくてフリップキャストで投げた方が良いのか?主に冬場のセイゴ釣りにおいて軽量ルアーを投げることに特化したかったから普通のベイトではなくベイトフィネスにしてみたが、これは面白い。

スピニングでずっとやっていればもっと魚は獲れていたと思う。誰もがこう言うだろう。「スピニングで良くね?」と。でもそこを敢えてベイトでやってみたかったのだ。無駄だと分かってはいつつも、ベイトでやれば小物釣りも楽しくなるのではないかと。スピニングでフロロ直結だと糸よれが酷いというのも理由の一つ。ベイトは使いこなせるようになるまでは修行といった感じだが、使いこなせれば大きな武器になるのではないかと思っている。

ダメだと分かってはいつつも、ちびっ子キビレだからと何度かバス持ちしてリリースしたのだけれど、親指が綺麗に半円状に切れていた。雨で指がふやけていたせいもあると思うが…。